2016年地域創生室

地域創生室 副理事長 佐藤慎太郎

chiikisosei_shintaro_sato


 

地域創生室 室長 安部修司

chiikisosei_syuji_abe


 

 地域創生委員会 基本運営方針

委員長 笹山明

chiikisosei_akira_sasayama

平成17年に一市三町が合併し10万5千人の新しい花巻市が誕生してから現在までに約5千人減の10万人と人口減少が顕著に表れており、25年後には約7万人まで減少すると予想されています。人口減少がまちの経済に与えている課題に我々が好奇心を持つことが必要です。斬新な発想を持ち人口減少がまちに及ぼす影響を上回る地域資源から生まれる花巻の魅力や特色を活かした持続可能性のある対策をつくりあげなければなりません。 まずは、花巻の魅力や特色を活かした活力あるまちをつくるために、様々な情報や見解を基に地域資源を再認識し、持続可能性のある人口減少に対する仕組みをつくります。そして、人口減少問題がまちの経済に与える影響を会員と共有するために、花巻市が公表した情報と我々が地域資源を分析し見出した対策の方向性を発表し、会員が人口減少問題に向き合い意見交換できる機会をつくります。さらに、まちの未来に希望を持つことができる多様性のある対策を見出すために、会員から得た情報と見解を合わせ再度検討し、意見交換した機会を活かします。また、人口減少の当事者としての意識を向上していただくために、全国各地で打ち出されている対策をともに学ぶ場を設営し、人口減少に向き合う市民の好奇心を育てます。そして、まちの人口減少問題に有効な仕組みとするために、市民と学んだ各地の対策と我々が積み上げてきた事実を比較検証し、地域資源を活かした新たな魅力ある対策とします。さらに、まちの特色を活かした新たな魅力が溢れる対策だと市民に認識していただくために、地域資源を有効活用し、提言し周知を図る機会を設けます。 まちの未来を想う市民と我々が好奇心を抱き人口減少問題に向き合い見出した地域資源を活用した新たな価値観が生じ、花巻の魅力や特色に溢れ地域が活性化され、それが未来のまちの希望となり好奇心と情熱から生まれる「誇りあるまち花巻の創造」を実現します。

 

委員長  笹山明

副委員長 高橋佳志

運営幹事 佐藤暢

委員   高橋潤吉 小田島敬 菊池貴正 田井裕介 小村田裕介 伊藤俊樹

基本計画・年間スケジュール

1)4月例会

2)6月例会

3)10月例会

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後7日以内 開催場所随時決定

予算

事業名

予 算

1)4月例会

50,000円

2)6月例会

450,000円

3)10月例会

800,000円

合計

1,300,000円

 

わんこそば・花火委員会 基本運営方針

委員長 小瀬川真

wanko_makoto_kosegawa

私たちが住み暮らすこの花巻には、脈々と続く歴史の中で培われてきたおもてなしの文化があり、情熱を持って暖かく迎えるおもてなしの心が育まれてきました。歴史や文化を創ってきた先人たちの想いを感じ、好奇心が刺激されてそこから情熱が生まれ、それが活力ある地域づくりへの原動力となります。花巻を代表する催事に、おもてなしの心と情熱を持って花巻の歴史や文化を感じてもらい、地域活性化に向け行動することが必要です。 まずは、わんこそば全日本大会にご来場いただいた方々を暖かく迎えるために、行政や各種団体と有機的に連携し、おもてなしの心溢れる大会運営を行います。そして、交流人口の拡大を図るために、地域の外国人に大会への参加を促し、参加者の裾野を広げるきっかけづくりをします。さらに、名産品を集めた物産展やわんこそば文化を直接感じられる場を提供し、地域の魅力を発信していきます。また、子どもたちに地域の食文化へ興味を持ってもらうために、文化や歴史について学べる機会を提供し、おもてなしの心や郷土愛を育めるような大会運営を行います。そして、イーハトーブフォーラム花火大会にご来場いただいた方々を安全に迎えるために、関係諸団体やボランティアスタッフと入念な打ち合わせをし、より安全面に配慮した大会運営を行います。さらに、生誕120周年を迎える宮沢賢治の想いを感じていただくために、情熱を持って大会運営をし、郷土を代表する偉人への感謝の気持ちと郷土愛を育みます。また、地域の活性化を図るために、大会に携わったすべての人々と喜びや感動を共有し、おもてなしの心や人と人との絆を育みます。 二つの事業を通じて、我々の好奇心から生まれた情熱が地域全体に伝播し、情熱を持った市民により地域が活性化し、地域の未来のために意欲的に行動する我々と市民が高い志を持ち共に歩む、好奇心と情熱から生まれる「誇りあるまち花巻の創造」を実現します。

 

委員長  小瀬川真

副委員長 高橋章浩

運営幹事 多田孝年

委員   菊地篤史 平野恵太 本宿慈洋 佐藤裕也 山田真之

基本計画・年間スケジュール

1)2月例会

2)8月例会

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後7日以内に開催

予算

事業名

予 算

1)2月例会

560,000円

2)8月例会

3,153,200円

合計

3,713,200円