2016年度会員開発室

会員開発室 副理事長 上田直輝

kaiinkaihatsu_naoki_ueda


 

 会員開発委員会 基本運営方針

委員長 笹木龍大郎

kaiinkaihatsu_ryutaro_sasaki

早池峰の自然の恩恵に包まれている花巻では、地域活性化を推進すべく様々な組織や団体が切磋琢磨しながら運動を展開し地域を想い明るい未来を見据えまちを創造してきました。我々もその組織の一つとして更なる組織力の強化は地域が活性化するうえで重要であり、会員一人ひとりが責任感を持ち意識変革を起こすことで成長し自らの成長を会社や地域が発展していく原動力へと繋げられる情熱を持った志高き人材の育成が必要であります。 まずは、個人のスキルアップと企業としてより良い職場作りや経営ビジョンを描くために、講師をお呼びする経営セミナーを開催し、企業から必要とされる魅力ある人材の思考性や仕事に生かせる独創性が生まれる事業を構築します。そして、青年会議所に入会したメリットを感じてもらうために、対象者を現役会員とし、互いに共感しあい個々のモチベーションを高めると共に、貴重な体験から新たな価値観を見出します。さらに、我々が展開する事業に対して会員の理解を深めるために、各事業へ参加を積極的に促し、会員間の交流から生まれる価値により個々の能力を向上します。また、会員一人ひとりがこれからの地域社会の発展に奉仕できる人材となるために、意識変革のきっかけを提供していく事業から組織として運動する意義を見出し、今後の事業構築に生かしていくための組織力の強化に繋げます。そして、会員自らがまちづくりやひとづくりに好奇心や情熱を持つために、他の地域で活躍する志高き人材とのコミュニケーションや他団体の企画する事業への参加を促し、自身から自然に溢れ出る興味や学びの場から個々の意識に変革を起こします。 様々な出会いから自身と向き合う大切さが養われ、多くの学びから成長を遂げ自ら行動を起こす意識変革が芽生え、志高き人材が描くひとづくりから始まるまちづくりが地域の明るい未来を拓き、好奇心と情熱から生まれる「誇りあるまち花巻の創造」を実現します。

 

委員長  笹木龍大郎

副委員長 瀧田塁

運営幹事 八重樫正太郎

委員   髙橋祐樹 伊藤勝紀 後藤明美 山蔭洋祐

基本計画・年間スケジュール

1)5月例会

2)通年交流事業

月例委員会開催日並びに開催場所

例会後7日以内

予算

事業名

予 算

1)5月例会

100,000円

2)交流事業(通年)

0円

合計

100,000円

 

会員拡大委員会 基本運営方針

委員長 木村貴志

kaiinkakudai_takashi_kimura

少子高齢化や生産人口の減少あるいは後継者不足などにより、地域の活力が低下してきている昨今、我々青年会議所には「明るい豊かな社会の実現」を見据えた多くの若き人材が切磋琢磨しながら責任感を持ち活動を展開しております。拡大運動の根源である我々自身がしっかりと青年会議所活動に胸を張り、一人でも多くの人材と出会い我々の運動に理解を頂き、地域のために自ら行動することで意識変革を共に起こしていく必要があります。  まずは、卒業制度のある花巻青年会議所で事業の継続や拡大をしていくために、理事者を中心に拡大運動に対する目的意識を共有し、それぞれが拡大活動に意欲を燃やすことで30%会員拡大を目指します。そして、現時点での入会予定者や候補者を把握し入会へ繋げるために、昨年度から引き継いだ拡大リストや情報を精査し、会員同士が効率よく拡大運動できる本年度版拡大リストの作成をおこないます。さらに、一人でも多くの魅力ある人材を発掘するために、NPO法人や様々な団体が開催する事業に率先して参加し、交流を通じて入会へ繋げる足がかりとします。また、会社経営者や個人経営者といった入会対象者に偏らず会社の魅力ある人材を輩出していただくために、経営者や社員と交流できる場を積極的に開催し、新たな目線で拡大の裾野を広げると共に我々の運動に理解を深めます。そして、将来を担う新しいメンバーが我々の運動を理解し組織の活性化を図るために、新入会員のスキルアップと今後の活動に対する目標を見出すセミナーを開催し、拡大運動の意義や個々の目的意識を高く持つことの重要性、青年経済人としての資質を学びます。 30%以上の会員数が拡大し事業規模の拡大が地域のさらなる活性化に繋がり、会員同士の多くの意見から事業の質が変わり、魅力ある多くの人財が主体的に地域のために行動を起こす意識変革が好奇心と情熱から生まれる「誇りあるまち花巻の創造」を実現します。

 

委員長  木村貴志

副委員長 高橋幸也

運営幹事 平野正一郎

委員   斉藤智広

基本計画・年間スケジュール

1)会員拡大運動(通年)

2)入会候補者へのフォローアップ(随時)

3)新入会員セミナー(11月)

4)新入会員へのフォローアップ(随時)

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後7日以内 開催場所は随時。

予算

事業名

予 算

1)新入会員セミナー(11月)

12,000円

合計

12,000円