【不畏雨2015 HP特別号】東国原英夫特別講演会

概要

報告

委員長の想い

 

5月例会では、会員開発事業でありながら、地域や組織をより活性化する為に、周囲を導く事ができる時代に即したリーダーの気概を学ぶ必要性を、より多くの方に感じて頂くため、一般市民も対象とした事業として「東国原英夫」氏を講師としてお招きし、「リーダーへの一歩~学び、気づき、自己意識に変革を起こす~」と題し、講演会を開催致しました。この講演会は東国原氏による60分の講演の後に、青年会議所、商工会議所青年部、農協青年部の3青年団体の各代表と、東国原氏を交えた4名による対談形式ディスカッションを30分行いました。講演が始まると会場は終始笑いに包まれ、講師にとってのリーダー、『ビートたけし』とのエピソードや自らのここまでの経験、失敗談などをお話しして頂きました。講演内容の本質には、自らの生い立ちの中から、夢を実現するための決断力や行動力の重要性が随所に含まれており、参加された多くの方々にとって、自己意識に変革を起こし成長するきっかけとなる場になったと感じています。その後3青年団体の各代表との対談でも実り多いものとなり、市民の方からは「考える事より行動することが大事だと感じた」、「このような講演会にはまた参加したい」などのお声を頂きました。さらには、一般の方々の感想の中に、今後の青年会議所の事業に期待しているとのお声も頂き、我々の運動の趣旨を一般の方々にも広く伝える機会となったのではないかと思っております。最後にご参加いただきました多くの市民の方々、そして本事業を支えて頂いた多くのメンバーには心から感謝申し上げます。