総務委員会 

総務委員会基本方針

総務委員会担当 副理事長 髙橋智彦

  tomohiko_t

花巻青年会議所は、連綿と続いた58年の歴史の中で、地域と共に成長してきました。組織進化の一翼を担う総務・広報渉外事業は、基礎的な職務を遂行し的確な情報を発信することで組織を下支えしてきました。本年度のスローガン「花巻を楽しく!!」のもと過去の歴史に学び、気概を持って行動し、未来を考え、総務と広報渉外という組織の基礎となる活動を効率的かつ効果的に行うことで、組織をさらに進化させて行く必要があります。
まずは、総会が活発かつ公正に進むために、会員間で総会参加の重要性を共有し、出席の促進を図り議決の意義を認識してもらい、執行部と連携を取り、周到な準備と当日の効率的かつ機能的な設営をします。そして、賀詞交歓会では、おもてなしの心で御来賓の方々をお迎えし、事業計画発表を通じ、本年度の運動を発信して行きます。さらに、卒業式では、卒業生の思い出に残る式典を設営し、会員として最後となる本式典において、卒業生を厳粛かつ盛大に送り出します。また、広報に関しては、事業告知や事業報告を載せた「不畏雨」を発刊し、懸命に運動する会員の紹介も併せて、広く花巻に発信、周知して行きます。そして、ホームページを活用し法令上必要な情報公開と、事業の発信を行うと共に花巻青年会議所の歴史を知って頂くために、これまでの軌跡を掲載します。さらに、SNS等の電子媒体を活用し、迅速かつ広域に情報を発信して行きます。また、日本青年会議所、東北地区協議会、岩手ブロック協議会の各種大会や県内各LOM事業へ参加促進し、各地青年会議所の方々と交流する環境を作り、視野を広げ会員資質の向上を目指します。
脈々と受け継がれてきた58年の歴史の中で培われた経験をもとに、能動的に動き、未来を見据えた行動を起こし、我々の運動をより多くの方に伝播させ、市民が笑顔で楽しめるまちづくりを行い、花巻青年会議所が更なる進化を遂げ、笑顔溢れるまちを創造します。

 

総務委員会 基本運営方針

委員長 照井孝輔

terui

これまで花巻青年会議所は58年の歴史の中で、地域を想い、活力を与える運動を行いながら、地域と共に歩み続けてきました。これからも、総務が組織の要として活動し、地域に活力を与える運動を支え、地域への迅速かつ正確で有益な情報を公開し、より精度の高い組織運営に取り組み、地域と共に歩みを続ける必要があります。これまで以上に地域から信頼され必要とされる団体となり、笑顔溢れるまちの創造に繋げなければなりません。

まずは、総会が公正に行われるために、執行部と連携し議題資料の事前送付を行い、会員に議決権を行使する責任と出席の義務を伝え出席の促進を図ります。そして、賀詞交歓会では関係諸団体の方からご理解と今後のお力添えを得るために、会員一丸となり厳粛な式典を行い、事業報告や事業計画の発表を通して、昨年度の感謝と本年度の想いを伝えます。さらに、卒業式では会員として有終の美を飾る卒業生のために、厳粛かつ盛大な式典を行い、卒業生への感謝と尊敬の念を伝えます。また、我々の運動を多くの方々に周知させるために、各事業を載せた広報誌「不畏雨」を発刊し、法令上必要な情報公開や受益の機会を提供するホームページの管理運営をします。そして、ホームページの情報発信をさらに広げるために、花巻青年会議所の歴史を編集し、我々をより身近に感じてもらう会員紹介などのコンテンツを充実させ、更新頻度を高め、SNSとの連携から閲覧数の増大に繋げます。また、会員一人ひとりの運動意識の向上を図るために、各種大会や県内各LOM事業に積極的な参加促進と参加しやすい設えを行い、各地の会員と交流をして行きます。

総務による組織の一つひとつの活動を助ける支援活動と、必要とされる適正な情報公開は、青年会議所運動を支える重要な基盤となり、弛まない組織の要としての活動が組織の運動をより邁進させ、地域の方からのさらなる信頼を得て、笑顔溢れるまちを創造します。

 

委員長 照井孝輔

総務担当副委員長 大垰博昭

広報・渉外担当  有賀靖浩

運営幹事 八重樫正太郎

会計幹事 小瀬川真

委員  中村和也 坂田欣丈 菊池貴正 小田島敬 菊池篤史 藤田甲之助 高橋幸也

 

 

基本計画・年間スケジュール

1)1月定時総会、8月・11月臨時総会の企画・運営(1月・8月・11月)

2)賀詞交歓会の企画・運営(1月)

3)卒業式の企画・運営(12月)

4)ホームページ、SNSを利用しての対外情報発信(随時)

5)対外広報誌の発刊(7月発刊予定)

6)対内広報誌の発刊(12月発刊予定)

7)各種渉外(随時)

8)報道機関との連携(随時)

9)その他総務・広報渉外に関する職務(随時)

 

月例委員会開催日並びに開催場所

 理事会終了後7日以内  開催場所随時決定

予算

事業名

予 算

1) 1月定時総会、8月・11月臨時総会の企画・運営

26,600円

2)賀詞交換会の企画・運営

188,000円

3)対外広報誌の発刊(不畏雨)(7月)

235,000円

4) 対内広報誌の発刊(不畏雨卒業記念号)(12月)

46,000円

5) ホームページ管理費

118,000円

合計

613,600円