2017年度財政審査会議

専務理事 遠藤敦士

専務理事―遠藤敦士

議長 西村俊昭

議長―西村俊昭

副議長 有賀靖浩

財政審査会議 基本方針

花巻の地名の由来は、諸説ありますが鳥谷ヶ崎城下を流れる北上川が渦巻をなし、春に桜の花びらが水面に浮かび美しい風景を見せたと言う一説から例えれば、我々は川の流れの如く先人より受け継いだ歴史のなかで公益法人格取得という変化の渦巻が生じた時にも地域のために時代に合った事業の花を咲かせてきたと言えます。公益法人格を有する団体としての組織力の強化には、全会員が公益性と会計ルールを理解して行く必要があります。
まずは、公益法人としての責務を果たすために、予算書から決算書などの財務と各種開示資料を整備し、透明性のある組織運営と安定した会計管理を行います。そして、公益法人格を有する団体として適正な事業を行うために、法令遵守や公益目的の妥当性を重視したコンプライアンス審査会議を開催し、組織のコンプライアンスに努めます。さらに、理事会での各議案の協議や審議において要用な箇所について重点的に議論をするために、議案内容を精査の上で費用対効果の観点から予算書や決算書に対して助言や指導を行い、各事業における計画から予算の執行と決算までの適切な実施につながる支援を行います。また、会員の公益性と会計ルールについての理解力と意識の向上をして行くために、会員開発委員会と協働した組織の運営を強化するセミナーを開催し、会計面から一企業人としての成長につながる機会とします。そして、会計面について知識を得た会員のさらなる理解を深めるために、会計マニュアルに則った指導の上で各委員会がLOMの会計に関わる機会を創出し、会員一人ひとりが会計面に取り組むことで組織の基盤をさらに盤石にします。
公益社団法人に所属する者としてコンプライアンスや公益ルールに従った適正な会計を学んだ会員一人ひとりが、企業人としても財務についての理解が深められ互いに作用しあうことが未来に向けた組織の礎となり「明るい豊かな社会の実現」に近づいて行くのです。

 

議 長  西村俊昭

副議長  有賀靖浩

委 員  佐藤朋紀

基本計画・年間スケジュール

1)コンプライアンス審査会議の開催(毎月)

2)会員開発委員会と協働する公益と会計に関するセミナー(4月)

3)予算書、補正予算書、決算書の作成の指導・助言(随時)

4)正味財産増減計算書の予算と決算の作成(随時)

5)公益に関わる各議案作成の指導・助言(随時)

6)公益法人インフォメーションへの当該年度の事業計画・事業報告の提出(随時)

7)その他、公益法人格維持に関する職務

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後7日以内 開催場所随時決定

予算

事業名

予 算

1)公益・会計セミナー(4月)

0円

合計

0円