地域グループ

 

まちの活気推進委員会

委員長 佐々木仁

副委員長 多田孝年

 

 

まちの活気推進委員会 基本運営方針

多種多様な個性が広く認知されつつある昨今、花巻においても誰もが居場所と役割を持ち活躍し、幸せに住み暮らし続けることができる地域社会の実現が求められるようになりました。すべての市民の個性がより尊重され多くの夢と希望が叶い、活気に満ち溢れる住みよい誇りあるまちになるよう新しい考え、ヒト、モノを取り入れ、交流を益々活発にし、市民一人ひとりが多様性に対する意識を持ち地域を持続的に活性化する必要があります。

まずは、生きがいを感じながら幸せに住み暮らすことのできる地域を創出するために、花巻を代表する事業の企画運営に携わり行政機関や各関係団体と連携し、誰もが活躍できる機会を創出します。そして、花巻独自の催事である元祖わんこそば全日本大会では市民の積極的な地域づくりの参画のために、ボランティアスタッフとして多数の市民に参画していただき皆で協働し、人と人との絆と郷土愛を深めます。さらに、イーハトーブフォーラム花火大会においては障がいがある人もない人も共に楽しむ花火大会にするために、障がいがある人にも積極的な参画を促し、障がいがない人と繋がりをもって支え合い交流することで、共助互助の精神が醸成されます。

また、花火大会を今後も次世代へと繋げていくために、前年度に実施した大会を持続可能なものとするための取り組みをより発展させ、たくさんの方々に親しまれている花巻の夏の風物詩を存続します。そして、交流人口の増加による経済のより良い循環を生み出すために、協賛企業や他団体と密に連携し、花巻の魅力や情報を発信することで、花巻市外の多くの方々が花巻を訪れる契機を増やします。

市民一人ひとりが多様性に対する意識を高め、新たな価値との調和により誰もが生き生きと活躍する地域となり、共助互助が浸透し生きがいを感じながら住み暮らし続けることのできる魅力と活気に満ち溢れた持続可能な「誇りあるまち花巻の創造」が実現されます。

 

委員長  佐々木仁

副委員長 多田孝年

委員   鎌田哲暢 本宿慈洋 佐々木遼

 

基本計画・年間スケジュール

1)元祖わんこそば全日本大会(2月)

2)イーハトーブフォーラム花火大会(8月)

 

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後7日以内 開催場所随時決定

 

予算

事業名

予 算

1)元祖わんこそば全日本大会

      円

2)イーハトーブフォーラム花火大会

      円

合計

       円

 

スポーツ振興委員会

委員長 小國奎馬

副委員長 小瀬川真

運営幹事 阿部是眞

 

スポーツ振興委員会 基本運営方針

近年、地方における地域コミュニティの衰退や繋がりの希薄化が進行するなかで年齢、性別、障がいの有無に関わらず個々の能力が発揮できる社会の実現は持続可能な地域を構成します。東京オリンピック・パラリンピックの開催にあたりスポーツに関心が高まっている今日、花巻市内外で広域ネットワークを持つ我々が地域の一体感や活力を生むスポーツの様々な価値を活用し、花巻市民の意識を変革して共生社会を実現する必要があります。

まずは、スポーツ振興を通じて共生社会を実現するために、スポーツ交流を契機とした老若男女、障がい者、健常者など様々な人々が分け隔てなく参加できる事業を実施し、誰もがともに支え合い、個々の能力を発揮することができる共生社会の重要性を周知します。そして、スポーツ振興が地域活性化の基盤となることを実感してもらうために、公的機関との連携や異分野との組織的な協働を行い、「する」「観る」「支える」等、携わる全ての人にスポーツが社会を変える重要な媒体となり得るものであるという認識を深めます。 さらに、スポーツを通じて花巻市民の幸福で豊かな生活を実現するために、スポーツの中核である楽しさや喜びを感じてもらい人生を歩むうえで不可欠なものであるという認識の確認の場を提供し、個人として能力の発揮はもちろんコミュニティの強化が成されます。

また、これからの花巻を担う子ども達の健全育成また心豊かな成長に繋げていくために、克己心や自己責任の重要性、関わる全ての人達を敬うことができる道徳心の成長が促進さ れる事業を実施し、勝負の勝敗に関わらず相手を称えられる心豊かな人財を育成します。

スポーツに関わる全ての人々がその価値を学んだことにより、人格と個性を尊重してともに支え合った中で多様性を相互に認め合うという意識変革が成され、共生社会の実現に近づき、地域の活性化へと繋がり持続可能な「誇りあるまち花巻の創造」が実現されます。

 

委員長  小國奎馬

副委員長 小瀬川真

運営幹事 阿部是眞

委員   板垣和郎 平嶋孔輝 伊藤翼

 

基本計画・年間スケジュール

1)スポーツ振興を通して共生社会を実現する事業の企画・運営

2)イーハトーブ花巻ハーフマラソン大会の運営補助

3)JCカップ事業の企画・運営

 

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後 7 日以内 開催場所随時決定

 

予算

事業名

予 算

1)スポーツ振興を通して共生社会を実現する事業

      円

2)JCカップ事業

      円

合計

       円

 

運動指針策定委員会

委員長 阿部大輔

副委員長 佐藤隼

運営幹事 葛岡孝

 

運動指針策定委員会 基本運営方針

明るい豊かなまちの創造をめざし、青年会議所がこの花巻の地に誕生してから時を経ること64年、先輩方の掲げた高い志を礎に、我々は様々な運動や活動を展開してきました。 2010年度に策定された運動指針は2010年代における最たるものであり、我々の運動の根底とし浸透している中、社会の変化はより激しくなり、求められるものが変動しているいま、我々はその時流を読みながら、時代に沿った運動を推進する必要があります。

まずは、我々がどのような想いをもち運動してきたのかをより深く理解するために、運動指針を策定された先輩方から当時の時勢や策定理由を見聞し、考証します。そして、先輩方の想いを継承しながら変遷する地域社会や経済に対して我々が求められている役割を明確にした上で10年間にわたり我々の基軸となる運動指針を策定するために、花巻市の計画・方針と本会の指針を検証し、その概要を反映します。さらに、我々の運動によって花巻市における持続可能な経済と文化の発展や誰一人取り残さない地域社会を実現するために、我々が策定する2020年代運動指針はSDGsの理念を活用し、地域課題に寄り添うことのできるものとします。

また、会員の一人ひとりが花巻青年会議所の掲げる志や地域の抱える問題を理解するために、運動指針の策定に携わった先輩と市職員の方、行政の事業や地域社会の事業に造詣の深い方との交流の場を創出し、組織の歩むべき方向性を定めます。そして、組織として新たな時代へ向け力強く運動を推進していくために、2020年代運動指針を全会員で共有し、目指すべき方向性について会員の意識を統一します。

我々が、組織としての矜持を保ち、取り組むべき地域の課題と未来のビジョンを分かち合いながら、志を同じうするもの、相集い、力を合わせ、指標となる共通の目標を胸に、率先して行動していくことにより持続可能な「誇りあるまち花巻の創造」が実現されます。

 

委員長  阿部大輔

副委員長 佐藤隼

運営幹事 葛岡孝

委員   髙橋大樹 髙橋宏樹

 

基本計画・年間スケジュール

1)2020年代運動指針の策定

2)2020年代運動指針の策定に係わる事業の企画・運営

3)その他地域G運営規定に関する職務

 

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後7日以内 開催場所随時決定

 

予算

事業名

予 算

1)9月例会

      円

2)    

      円

3)    

      円

合計

       円