総務室

総務室

担当副理事長 松田治樹

総務委員会

担当常任理事 中里真也

委員長 髙橋さくら

総務委員会 基本運営方針

 美しい自然と温かな人情あふれる街花巻において、地域に根差した組織として運動を展開してきた花巻青年会議所は、地域が抱える課題に対し効果的な解決策を考えまちの発展に寄与してきました。
地域社会から期待と信頼に応える団体として脈々と受け継がれてきた歴史と伝統を伝承しつつ、燦々と光り輝く会員として一人ひとりが当事者意識を持ち参画意識を高める仕組みや環境づくり、質の高い組織運営の基盤を確立する必要があります。

 まずは、予算・決算や人事等が公正かつ円滑に決議されるために、議事進行に関わる注意事項と議題を周知徹底し、会員一人ひとりが自覚と責任を持って参加する総会にします。そして、全会員で議決の意義を認識し組織の方向性を共有するために、年間を通じて各委員会を訪問し、総会の重要性を伝えることで、出席意識を高めます。さらに、今年一年の運動に対しご理解を得るために、入念な打ち合わせと事前準備をしっかりと行い、本年度の理事長の想いと方向性を力強く発信し、歴史と伝統を守る厳かな式典にします。また、本年度の各事業に対するご協力を頂くために、地域の魅力とおもてなしの心溢れる華やかな設営を行い、日頃の感謝を伝えることで、各関係団体や先輩方と交流を深める賀詞交歓会にします。そして、効率的な組織運営と円滑な事業運営のために、必要な財源の確保を計画的に行い、運動に対し参画意識を高めることで、活動しやすい体制にします。さらに、組織の健全的な運営・発展のために、会員相互と意思疎通を密に行い情報を共有し、組織の要として積極的に支援することで、各委員会が有意義な活動を行える環境にします。
 強固な組織運営の基盤のもと、先輩方が築き上げてきた歴史を大切に、会員一人ひとりが自覚を持った主体性ある活動を行った結果、地域に夢や感動そして笑顔を届けられ、組織の魅力が高まり地域から信頼と共感を得た「誇りあるまち花巻の創造」が実現されます。

 

委員長  髙橋さくら

副委員長 黒川巧朗

運営幹事 阿部是眞

委員   板垣和郎

 

基本計画・年間スケジュール

1)1月定時総会及び8月・11月臨時総会の設営

2)賀詞交歓会の企画・運営(1月)

3)会員の会費撤収並びに納入向上の呼びかけ

4)定例会等の効率的な設営、総務運営規定に関する職務

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後7日以内 開催場所随時決定

予算

事業名

予 算

1)1月定時総会及び8月・11月臨時総会の設営

30,000円

2)賀詞交歓会の企画・運営(1月)

72,000円

合計

102,000円

広報委員会担当常任理事 笹木龍太郎

委員長 平野恵太

広報委員会 基本運営方針

 近年、パソコンやスマートフォンの普及に伴いIT産業が拡大しウェブサイトやSNSを通じた情報を得るツールが増加する中、市民を始め多くの方々に認知して頂く方法を試行錯誤しながら花巻青年会議所の運動を発信し続けてきました。しかし、HPやFBの総
訪問者数は閲覧数の増加に比べると停滞しており、我々が行う運動の目的や想いを広める発信手段を打ち立て、多くの共感を得て地域社会との繋がりを深めていく必要があります。

 まずは、対外発信ツールの基盤としてHPを管理運営するために、バナーやカルーセル等の専門知識を昨年度より引継ぎ加工することで、アイキャッチ画像の効果を促進し、閲覧者の増加を成し遂げます。そして、我々の運動をいち早く市民へ周知するために、複数のSNSを活用し、情報発信することで、花巻青年会議所に関心を持って頂きます。さらに、我々の運動を多くの市民へ伝播するために、対外広報誌不畏雨を発刊し、会員情報や運動内容を掲載することで、地域社会への認知度を高めます。また、広報活動の拡大を図るために、花巻市と情報交換を行い発信することで、市民へ情報提供の機会を増幅し、互いの連携を強化します。そして、我々の運動を市民へ伝える環境を創出するために、花巻青年会議所のブランディング構築を目的とした事業を開催し、広報の重要性と効果的な発信方法を学ぶことで、組織の果たすべき役割を理解します。さらに、会員一人ひとりの当事者意識を高めるために、各々の社業にも繋がる事業を開催し、個々のスキルアップを図ると共に組織力の向上を促進することで、委員会活動を活性化し連帯意識を喚起させます。

 会員一人ひとりが、明確な役割と当事者意識をもち社会にとって光り輝く存在価値を見出し意識変革した結果、会員同士が地域を思い描き市民と共に理解すると、地域社会にしてより大きな発信力のある組織へと進化し「誇りあるまち花巻の創造」が実現されます。

 

 委員長   平野恵太

 副委員長  小瀬川真

 運営幹事  関 隼人

 委員    本宿慈洋  小村田裕介

基本計画・年間スケジュール

1)対外広報誌の発刊

2)対外情報発信の重要なツールとしてホームページの製作、SNSを利用しての対外情報発信

3)組織のブランディング構築を目指す広報戦略事業の企画・運営

4)報道機関との連携

5)LOM基本資料、各種事業、予算決算、委員会活動等の情報公開

6)各種事業及びJC諸活動の記録・整理

7)花巻市との協定書に基づく連携(広報に関する事項)

8)京都会議への参加設営及び引率

9)その他、総務運営規定に関する職務

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後7日以内 開催場所随時決定

予算

事業名

予 算

1)ホームページ、SNSを利用しての対外情報発信(通年)

97,200円

2)広報戦略事業(5月)

150,000円

3)3)対外広報誌の発刊(8月)

260,000円

合計

507,200円