「国家観から知る運動指針」を開催致しました!

こんにちわ!!

運動指針検証委員会の笹木龍大郎です。

2018年2月18日(日) 悠の湯 風の季にて委員会事業を開催しました。

花巻青年会議所では理念を掲げ、時代に合わせた運動・活動をするべく、10年ごとに運動指針を策定しており、今年は2010年代運動指針を会員に認識、理解していただき、指針が有効に活用されたかなどを検証します。

そこで、今回は当会員に日本という大きな視点から指針の大切さを学んで頂きたい為、国家がどうあるべきか、自身の経験を踏まえ国を守るための言論活動を実践している第29代航空幕僚長 田母神俊雄氏を講師にお招き致しました!!

田母神俊雄

田母神俊雄

講演内容は、国の情勢について、自立・リーダーのお話を頂き、会員の皆様に国家がどうあるべきかという観点で多くの学びや気づきを得られたことと思います。

田母神俊雄

そして後半は、2010年代運動指針の策定に関わりの深い当時の担当副理事長であり、第58代理事長 佐藤淑憲先輩をお招きし、どのような想いで方向づけし作られたのかなどを伺いました。

次回の委員会事業では、会員の社業や団体の理念・方針について考える場をつくり運動指針をより身近に感じてもらうことで、改めて指針の必要性や、青年会議所運動を進めるうえでの活用方法を学び、2010年代運動指針の理解を深めます。