2018年度社会開発室

社会開発室担当副理事長 照井孝輔

地域の未来を担う人材育成委員会 基本方針

担当常任理事 渡邊典史

委員長 佐藤美代子

 日本全国各地で人口減少が進む中、花巻市では昨年ついに人口10万人を切り、さらに20代30代の若者や子育て世代の人口流出が、少子高齢化や働き手不足等の社会問題に拍車をかけています。地域の課題に向き合う時、人と人とが繋がりを持ち助け合うことが課題解決の鍵であり、花巻が希望溢れるまちとなるように、子ども達が故郷を誇りに想い、花巻の未来を支えるかけがえのない人材へと成長する機会を作り続ける必要があります。

 まずは、花巻に住む学生がまちの未来を担う人材へ成長する機会を作るために、はなまきUC及び花巻てらこやの自主的な運営をサポートし、まちの未来を想う活動を促進します。そして、学生がまちの課題を自分事と捉えて取り組める未来を担う人材を育成するために、多くの経験を持つはなまきUCと花巻てらこやの先輩と交流する機会を提供し、これまでの団体の活動を振り返ることで、自分達の活動とまちの未来が繋がることを意識した活動を推進します。さらに、市民がお互いに助け合う心を育むために、市民誰もが参加できる防災減災プログラムを企画運営することで、近年多発する水害や予期せぬ災害に対して高い防災意識を持つ相互扶助の精神を啓発します。また、子ども達の防災意識を高めるために、過去の災害を振り返り、日常生活で実践でき楽しみながら防災意識を高める体験をすることで、子ども達が親を巻き込みながら未来の地域を守り備える心を持つ人材育成の機会とします。そして、将来に希望の持てる花巻とするために、花巻市との事業連携を推進し、行政と連動した青少年育成事業から子ども達に地域を想う望郷の心を育みます。

 社会性と自立性を学び育む様々な経験をした子ども達は、愛する地域と身近にいる人々のために自ら考え、助け合うことができる市民へ成長し、経験を糧に花巻の未来を想いながら行動を続ける地域の未来を託すべき人財となり、「軌繋」溢れるまちが創造されます。

 

委員長  佐藤美代子

副委員長 多田孝年

運営幹事 阿部大輔

委員   関 隼人 宮澤 岳 本宿慈洋 山口裕也 瀬川智恵 松田圭介

基本計画・年間スケジュール

1)花巻市との協定書に基づく連携(通年)

2)防災減災に関わる例会(7月)

3)花巻てらこやの活動支援(通年)

4)はなまきUCの活動支援(通年)

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後7日以内 開催場所随時決定。

予算

事業名

予 算

1)花巻市との協定書に基づく連携

300,000円

2)防災減災に関わる例会(7月)

300,000円

3)花巻てらこやの活動支援

200,000円

4)はなまきUCの活動支援

40,000円

5)JCサッカー

110,000円

合計

950,000円

地域の未来を担う人材育成委員会紹介ページ

地域の魅力創造委員会 基本方針

担当常任理事 小瀬川真

委員長 中里真也

 空き店舗の増加が顕著な商店街の過疎化が進む花巻市では、中心商店街の魅力と価値の向上を目的に、立地適正化計画やリノベーションまちづくりを始めとしたまちなか再生に向けた取り組みが進んでいます。この行政と市民が連動した取り組みから、市民を巻き込んだまちづくり運動としていくには、地域課題に対して主体的に行動する市民の育成と、全国に市民が誇れる地域の特色を磨き続けると共に新たに生み出していくことが必要です。

 まずは、全国へ市民が誇れる花巻の価値を高めるために、花巻市や関係団体と連携した様々な取り組みで企画運営に携わり、花巻の地域性の特色を多くの人々に発信し続けることで、全国に認知された魅力ある花巻を確立します。そして、地域と一体となるまちづくり運動としていくために、花巻市や関係団体と深く連携していくことで、多くの人々と一体感を育み、地域を巻き込んだ運動を展開します。さらに、地域の特色を活かした全国に誇れるまちとするために、様々な大会で参加者に地域に潜在する特産品や特色を体感し、様々な評価から地域資源の見直しと修正を繰り返すことで、全国へ発信する観光資源の魅力を高めていきます。また、地域をより良くしたいと思う人材を育てるために、各種大会やイベントで多くの市民ボランティアを募集し、運営の補助と企画への積極的な参加を促すことで、市民が地域課題に向き合える機会を作ります。そして、人が訪れ続けるまちへと発展するために、地域の企業や他団体と協力関係を構築し、大会の機会を活用してまちの魅力を発信し続けることで、交流人口増加を見込めるまちの新たな可能性を見出します。

 まちの課題に対して主体的に取り組む志民と魅力を増した地域資源の周知から、誰からも愛されるまちとなった花巻は、まちを愛する多くの人が集まる地として、地域の魅力を高めるモノと人の新たな出会いと活力が生まれ続ける「軌繋」溢れるまちが創造されます。

 

委員長  中里真也

副委員長 鎌田哲暢

運営幹事 佐藤芳樹

委員   坂田欣丈 伊藤勝正 菊池久範 照井博文 駿河祥晃

基本計画・年間スケジュール

1)わんこそば全日本大会(2月)                          

2)イーハトーブ花巻ハーフマラソン大会(4月)

3)イーハトーブフォーラム花火大会(8月)

月例委員会開催日並びに開催場所

理事会終了後7日以内 開催場所随時決定

予算

事業名

予 算

1)わんこそば全日本大会(2月)

498,815円

2)イーハトーブ花巻ハーフマラソン大会(4月)

0円

3)イーハトーブフォーラム花火大会(8月)

12,455,000円

合計

12,953,815円

地域の魅力創造委員会紹介ページ