出向担当常任理事 新田真理子君


広報委員会では花巻青年会議所から各地へ出向している会員にインタビューを行い、出向先での活動、運動、魅力を伝えていきます!2024年度、第2回目は公益社団法人日本青年会議所東北地区岩手ブロック協議会へ出向し、いわてJAYCEEアカデミー委員会の塾長を務めている新田 真理子 (にった まりこ)君です!


 





自己紹介と出向先をお願いします。





――1984年9月8日生まれ、A型。趣味はカラオケです。花巻青年会議所では今年度、出向担当常任理事をしています。また、公益社団法人日本青年会議所東北地区岩手ブロック協議会 いわてJAYCEEアカデミー委員会に塾長として出向しています。





出向先ではどのような活動を行っていますか。





ーー岩手県内12か所の青年会議所(以下、LOM)から入会年数3年未満の会員にアカデミー生として出向していただき、JCとは何か、事業構築とはどうするのか、を学んでいただく活動をしています。当委員会では、アカデミー生を3つの塾に振り分け、1年間で開校式と4回の講座を行います。第3回目の講座ではアカデミー生に実際に事業を行ってもらい、体験することで事業構築を学んでもらいます。私たちは、1年を通して、「楽しかった」だけで終わるのではなく、LOMに戻ったときに活躍できる、即戦力となるような人財の育成を目指しています。さらに今年は、日本JCの人財育成パッケージを取り入れています。講師として年間を通して理念共感プロモーターの星井先輩(平塚JCOB)を招いており、そちらの内容も学んでいただいています。これは、花巻JCと友好JCを締結している関係性から星井先輩にお願いをした経緯があります。





出向先ではどのような方々が参加していますか。





ーー岩手ブロック協議会(以下、ブロック)の役員として県内のLOMから36名が出向しています。また、当委員会には学長と学長補佐をはじめ、私含め3名の塾長と塾長をフォローする塾幹事、そしてアカデミー生83名の93名がいます。また、他の委員会へも多くの花巻メンバーが出向しており、ブロックの事業などで頑張っている姿を見ると、とても誇らしいです。





出向の魅力は何ですか。また花巻青年会議所の活動でどのように生かしていきたいですか。





ーー色々な規模感のLOMメンバーが集まるので、花巻では感じなかった価値観の多様性に気づくことができました。地域ならではの課題や考え方があるなかで、様々な視点から事業を構築していくことがとても勉強になりますし、JC活動に対する視野も広がります。私は、アカデミー生として出向した以外に出向経験がない状態で、今年度塾長として出向させていただいています。ブロックに出向している方の中には、LOMで要職を担いながら何度もブロックへ出向している方もいるので、相談に乗ってもらい、議案作成や上程時の参考にさせてもらっています。同じ岩手県内なのでJC活動を通して個人や仕事でのつながりができやすいのもブロック出向の魅力のひとつだと思います。塾長という役割を経験させていただき、相手に何かに気付いてもらい、主体的に動いてもらうためにはどうしたら良いのか、という事を学んでいるところなので、組織はもちろん社業にも落とし込める貴重な経験をさせていただいております。参加していただいているアカデミー生から「アカデミー、良かった!」と言ってもらいたいですし、その熱意を花巻に持ち帰り、次年度以降のアカデミー生へとつながっていくと嬉しいです。





新田真理子(にった まりこ)
特定非営利活動法人花巻市民活動支援センター
花巻市出身 1984年生まれ
2021年花巻青年会議所入会


 

関連記事

  1. 直前理事長 佐藤貴哉君
  2. 第38期いわてJAYCEEアカデミー開校式に行ってまいりました

最近の記事

  1. アイキャッチ画像
  2. アイキャッチ画像
  3. アイキャッチ画像
PAGE TOP